「一人称」の歌詞 海援隊

1996/3/20 リリース
作詞
武田鉄矢
作曲
千葉和臣
文字サイズ
よみがな
hidden
なみだのことはなみだにまかせて
ゆがんだ景色けしきなかあるこう
いてかなしみ他人たにんはなせば
きっとくちびるすこうそをつく
さびしいときにはさびしさにしずもう
みずなかさかなのように
やりきれなくてためいきつけば
ぎんあわになってゆく
わたしこころおとずれるひとはなく
こんなにしずかな場所ばしょだったのか
わたしこころわたしるだけ

明日あしたのことは明日あしたにまかせて
今日きょうのぶんだけきてみよう
ひとためにといていつわ
だれかのためわたしじゃあない
幸福しあわせさがしてひとあるいている
つかれはてた旅人たびびとのように
幸福しあわせひとなにさがさない
さがさないからつけられた
わたしこころこいをしていないから
とてもひろくてみきっている
わたしこころわたしがいるだけ

わたしこころおともなくとき
青春せいしゅんぎてとおたから
いまわたせるわたし青春せいしゅん