1. 二流の人歌詞

「二流の人」の歌詞 海援隊

1979/12/1 リリース
作詞
武田鉄也
作曲
中牟田俊男
文字サイズ
よみがな
hidden
そんなにしい天下てんかなら
家康いえやすまえにくれてやろう
まぐれでったせきはら
さぞやよろいも かるかろう
せめて百日ひゃくにちせきはら つづいておればこの天下てんか
オレのものにしていたものを
信長のぶなが秀吉ひでよし家康いえやすつかえていくさにくれれた
みずごとくと ながれてきたが
いま天下てんか未練みれんなし
黒田くろだ官兵衛かんべえ苦笑にがわら
一生いっしょうツキがなかったと
黒田くろだ官兵衛かんべえ苦笑にがわら

ゆみもひかずに ただつだけで
天下てんかったか 家康いえやす
十万じゅうまん兵士へいしひきいてやぶれた
石田いしだ三成みつなり おろかもの
せめてひとつきせきはら つづいておれば博多はかたから
大阪おおさかきょうまでめこんだ
天下てんかればふねし バテレンのくにきぬみち
ただの一人ひとりで かけめぐる
それもいまゆめゆめ
黒田くろだ官兵衛かんべえ苦笑にがわら
一生いっしょうツキがなかったと
黒田くろだ官兵衛かんべえ苦笑にがわら

ながれるみず文字もじく そんなムダな一生いっしょう
ひとわら二流にりゅうひといまはおのれがあわれなり
黒田くろだ官兵衛かんべえ苦笑にがわら
一生いっしょうツキがなかったと
黒田くろだ官兵衛かんべえ苦笑にがわら