「初恋のいた場所」の歌詞 海援隊

2004/12/8 リリース
作詞
武田鉄矢
作曲
千葉和臣
文字サイズ
よみがな
hidden
陽差ひざしのように あなたは やってたのです
微笑ほほえみながらわたしらしてったのです
まれてはじめてうみ子供こどものように
くしていたあの 初恋はつこいみち
あなたで なければ みんなと一緒いっしょきすぎた
あいしたときから みんなとわかれてひとりきり
あれがわたしはじまりでした いまも ぼんやりのあたる
ほらあそこです 初恋はつこいのいた場所ばしょ

はなのように あなたは やってたのです
ただ一面いちめんわたしもっていったのです
さわがしかった こころゆきよるのように
しずまりかえったあの 初恋はつこいみち
わたすかぎりの そらちかった ただ ひとつ
なみだ準備じゅんびはしていますから あいします
あのとき わたしきよらかでした いまも かすかに かぜ
ほらあそこです 初恋はつこいのいた場所ばしょ

きてゆくうちに こころすこにごったけど
だけど あなたの いた場所ばしょだけはあのときのまま
少年しょうねんのままっている あの日々ひびのあなたをつめ
ひとりたたずむ 初恋はつこいのいた場所ばしょ
いまわすれない 初恋はつこいのいた場所ばしょ