「北の叙情詩」の歌詞 海援隊

1982/10/25 リリース
作詞
武田鉄矢
作曲
花岡優平
文字サイズ
よみがな
hidden
きたみどりめれば ときながゆるやかに
ねむりよりふかやすらぎがつつ
しゃべつかれたくちびるが しばらく言葉ことばわすれたいという
ひとみはここで ねむりたいという

もれ らす もみのした
あせかずに すわりこめば
もみのこずえささやきかける
おれがすこし ばすに おまえはんでしまうのだから
ぎてゆく季節きせつおしんでみろと

やま小川おがわかがめて つちたがや男達おとこたち
両手りょうてすくった みずみほす
何度なんどみほす その姿すがた
いのひとようぼくにはえた
夕闇ゆうやみなかで なぜか なみだ