1. 巡礼歌歌詞

「巡礼歌」の歌詞 海援隊

2014/10/8 リリース
作詞
武田鉄矢
作曲
中牟田俊男
文字サイズ
よみがな
hidden
ここは四国しこく八十八はちじゅうはちヶ所かしょ 花畑はなばたけひとゆきよりしろ巡礼じゅんれい姿すがた
はるにもまらずただただしろうし姿すがたひとでした

あんたもひとりたびするひとか お遍路へんろ姿すがたのじいさんが
アルミの水筒すいとうめとすすめて わたし仲間なかまおもったらしい
かたをならべてあるしたら じいさんポツリと上話うえばなし
おととしばあさんなくしたばかり 身体からだ半分はんぶんちぎられたよう
巡礼歌じゅんれいか巡礼歌じゅんれいか もっとやさしゅうしてやりゃよかった
巡礼歌じゅんれいか巡礼歌じゅんれいか 今日きょうぶんだけいてやりましょう

ここは津軽つがる下北しもきた半島はんとう みぞれまじりの雨降あめふみち電信柱でんしんばしらはなえてある
がらんとひろ浜辺はまべでは 赤々あかあかをたくひとがいた

あんたさむかろうここであったまれ はまをたくばあさんが
しろいおにぎりべろとすすめ まご命日めいにち供養くようになるから
はぜる夕空ゆうぞらい ばあさんぽつりとひとりごという
漁師りょうしのクセしてバイクにるから でもひょっこりかえってくるようなもする
巡礼歌じゅんれいか巡礼歌じゅんれいか まごこえふるえてる
巡礼歌じゅんれいか巡礼歌じゅんれいか 今日きょうぶんだけいてやりましょう

はるばるここまできてきて 時々ときどきうしろをけば
きてかえらぬひとがいる きてかえらぬひとなのに きてたときよりそばにいる

宿しゅくたたみ正座せいざすわわたし供養くようをあわせます
ゆめてきたおふくろは せっせとミシンふんでたな
のんびりしろよとこえかけたけど んでもはたらははでした
今夜こんやえますゆめなかでも なべのはは風邪かぜひかぬよう
巡礼歌じゅんれいか巡礼歌じゅんれいか きてたときより仲良なかよはな
巡礼歌じゅんれいか巡礼歌じゅんれいか 今日きょうぶんだけいてやりましょう