「思えば遠くへ来たもんだ~故郷離れて四十年~」の歌詞 海援隊

2014/10/8 リリース
作詞
武田鉄矢
作曲
山木康世
文字サイズ
よみがな
hidden
踏切ふみきりそばく コスモスのはなゆらして
貨物かもつ列車れっしゃはしぎる そして夕陽ゆうひえてゆく
十四じゅうよんころぼくはいつも つめたいレールにみみをあて
レールのひびきながら はるかな旅路たびじ夢見ゆめみてた
おもえばとおくへたもんだ 故郷こきょう はなれて四十年よそとせ
おもえばとおくへたもんだ このさきどこまでゆくのやら

筑後ちくごながれに 小鮒こぶなりするひとかげ
川面かわもあわかんでた かぜくたびれていた
二十歳はたちになったばかりのぼくわかれたおんなめながら
いっそのうといていた こい一度いちどしんじてた
おもえばとおくへたもんだ いまでは女房にょうぼう 子供こども
おもえばとおくへたもんだ あのころ こいしくおも

ねむれぬよるさけ夜汽車よぎしゃ汽笛きてき くたびに
ぼくみみとおちかく レールのひびきがぎてゆく
おもえばとおくへたもんだ くたびに故郷こきょう
おもえばとおくへたもんだ とおくなるよながします
おもえばとおくへたもんだ ここまで一人ひとりたけれど
おもえばとおくへたもんだ このさきどこまでゆくのやら