「思えば遠くへ来たもんだ」の歌詞 海援隊

1978/9/21 リリース
作詞
武田鉄矢
作曲
山木康世
文字サイズ
よみがな
hidden
踏切ふみきりそば
コスモスのはな ゆらして
貨物列車かもつれっしゃはしぎる
そして 夕陽ゆうひえてゆく
十四じゅうしころぼくはいつも
つめたいレールに みみをあて
レールのひびきながら
はるかな 旅路たびじ夢見ゆめみてた
おもえばとおくへ たもんだ
故郷離ふるさとはなれて 六年目ろくねんめ
おもえばとおくへ たもんだ
このさき どこまで
ゆくのやら
筑後ちくごながれに
小魚釣こざかなづりする ひとかげ
川面かわもにひとつ かんでた
かぜくたび れていた
20歳はたちになった
ばかりのぼく
わかれたおんなめながら
いっそ のうと
いていた
こい一度いちどしんじてた
おもえばとおくへ たもんだ
いまでは女房にょうぼ 子供持こどもも
おもえばとおくへ たもんだ
あのころ こいしくおも

ねむれぬよるさけ
夜汽車よぎしゃ汽笛きてき くたびに
ぼくみみとおちか
レールのひびきが
ぎてゆく
おもえばとおくへ たもんだ
くたびに 故郷ふるさと
おもえばとおくへ たもんだ
とおくなるよな がします
おもえばとおくへ たもんだ
ここまで
一人ひとりたけれど
おもえばとおくへ たもんだ
このさきどこまで
ゆくのやら