「母に捧げるバラード」の歌詞 海援隊

1973/12/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
(セリフ)
かあさん
今僕いまぼくおもっています
ぼく故郷ふるさとなんか
なくなって
しまったんじゃないかと
そしてひとつのこっている
故郷ふるさとが あるとすれば
かあさんそれは
あなた自身じしんです
あなたはなにからなにまで
故郷ふるさとそのものです
いまここで こうして
しずかにじていると
かあさんあなたの
こえこえてくるんです
かあさんのこえ
こえてくるんです
いまこえる
あのおふくろのこえ
ぼく人生じんせいおしえてくれた
やさしいおふくろ
(セリフ)
コラッ 鉄矢てつや
なんばしょうとかね
このはテレッとして
はようおまえ学校がっこう
いってこんか おまえ
近所きんじょひとからいつも
おまえなんうわさ
されようかっとうとか
タバコ
武田方たけだがた息子むすこ
フォークソングぐるいの
おまえバカ息子むすこ
バカ息子むすこって
うわさされよっつお
ほんなこっ
それに おまえいつも
つまらんおんなにばっかりに
だまされておろうが
最近さいきんおんなはネェあんた
チチバンドのなか
クラゲのあたまのごとあんた
おとこをたぶらかすばっかし
はや学校がっこうってこんか
このバカちんがクサッ
鉄矢てつや
おまえまたタバコばっ
だまってっていきよるが
ほんなこつはらのたつ
うち稼業かぎょう
タバコからってこの
小学校しょうがっこうねんときから
タバコの味覚あじおぼえて
中学校ちゅうがっこうねん
検査けんさまえ
おまえザクトライオンで
一生懸命いっしょうけんめいおまえ
ウラオモテみがくだろうが
まだ わからんとか
かあちゃんが
このタバコ
経営けいえいするために
どげん苦労くろうしょうか
あせなみだよごれた
おんな半生はんせい
まだ わからんとか
こんなこと
ってこい
あんた何処どこへでも
ってきなさい
かあちゃんあんたのこと
息子むすこがおらんことになっても
なんさびしゅなかよ
鉄矢てつやひとつだけ
うとくがなあ
ひとさまのなかでたら
はたらはたらはたら鉄矢てつや
はたらいてはたらいて
はたらきぬいてやすみたいとか
あそびたいとか
そんなことおまえ
いっぺんでもおもうてみろ
そんときはそんとき
それが人間にんげんぞそれがおとこ
おまえも故郷ふるさとをすてて
はなみやこ
てゆくかぎりは
だれにもけたらつまらん
かがや日本にっぽんほしとなって
ってこいよ
ってこい
あんた何処どこへでも
ってきなさい
いまこえる
あのおふくろのこえ
ぼく人生じんせいおしえてくれた
やさしいおふくろ