「風景詩」の歌詞 海援隊

1980/6/21 リリース
作詞
武田鉄矢
作曲
中牟田俊男
文字サイズ
よみがな
hidden
がる とりたちは
かげのこして まっすぐそらへとかけてゆく
ベンチのすみで ぼくは
ぼくのかげつめて ひとり うごかない

あふれそうな かなしみがあるけど
今日きょうこころらしたくない
しのなかかげれるのは
かなしみがそらかえるから
このしのなかに もうすこしいれば
かなしみがすこかわくだろう

噴水ふんすいみずのびをする
ひかるしぶきを いて
年老としおいたおとこ煙草たばこをくわえて
芝生しばふうえから ながめてる

きてるものかげうごかない
それはかなしみが おもいからだろう
そんなにおもかげなんか
ちたくないと ぼくは うごかない
れがるまで ここにいよう
ぼくのかげやみえるまで

あふれそうな かなしみがあるけど
今日きょうこころらしたくない
しのなかかげれるのは
かなしみがそらかえるから
このしのなかに もうすこしいれば
かなしみがすこかわくだろう