「五月雨」の歌詞 清春

2008/5/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
えんえがいてまれてく
冒涜ぼうとくとしたからそら
貴女あなたいてくれてる
そうおもうといとしさはたしてたね

だまってうたえたのはRAININGレイニング まだ 記憶きおくなか
すがるようねがようかげきらってわれる二月にがつ

ゆびわせたよ、りガラスに
のこってたきみよるおもったこと

わかってるフリをしていたい、だけど何故出来なぜできなかった?
ぼくぼくじるよう雨音あまおと背負せおってた十字架じゅうじか

まどにかかるこの景色けしき五月雨さみだれ憂鬱ゆううつでした
横顔よこがおきゅうくもはじめたらさよならを
あとわるその景色けしき五月雨さみだれ憂鬱ゆううつでした
きみいたのは『くもりのちあめ』と『さよなら』と

ぬぐってしまえたのはRAINYレイニー でもかわかなかった
どんなことおもして こらえているの、きみ十字架じゅうじか

まどにかかるこの景色けしき五月雨さみだれ憂鬱ゆううつでした
横顔よこがお不意ふいくもはじめたらさよならを
そらあおく、ただ景色けしき五月雨さみだれ憂鬱ゆううつでした
こえふるえてる くもはじめたよ あふれたよ