「輪廻」の歌詞 清春

2007/9/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
孤独こどくだって、話題避わだいさけていたね
だけど今日きょうね、未来みらい不安ふあんで、きみいて ぼくになれたよ…

言葉ことばなんて、方次第かたしだい
つみってばつけた、きみいてぼくった

あのはしこうできっとわらっている
とおくで風景彩ふうけいいろどって よろこあふれるだろうか

ある、ありふれたいかけにまよって、はなれないで
きみまえからなくなるって らせないで
いとしくおもうのはとどいていた ひとについて
時折想ときおりおもうのはとどかなかった あいについて
yeahイェー yeahイェー とどいていたあいについて
yeahイェー yeahイェー

けていたね まよいはきっとないね
やみあいし、ひかりけた ぼくいて此処ここるから…

あまかおりで際立きわだった 日々ひびぼくきた証拠あかし
たとえばこれがわったって っててよあとくよ

ある、ありふれたいかけにまよって、はなれないで
やがてこの世界せかいからなくなるって いそがないで
いとしくおもうなら、とどけていたいひといたい
時折想ときおりおもうだろう「とどかなかった・・・でもあいしていて
yeahイェー yeahイェー
とどいていた あいについて
yeahイェー yeahイェー

とどかなかった でもあいしていて
あるりたけにまよって はなれないで
きみまえからなくなるって らせないで