「MELANCHOLY」の歌詞 清春

2006/12/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
意味いみふかさはそこにあるだろう
会話かいわはずみ、いずれ気付きづいた
ある時共鳴とききょうめいしよう、錯覚さっかくさえしよう
頬杖ほおづえをついていた いつかよりふか
くるうほどにちるさきらしめるほどに
こたえをれたはこかぎをかけてある

ときったらそこにあるだろう
わる覚悟かくご無意味むいみだってね
ねがえばかなうなんて今日きょうわすれよう
だけどそれをえたら、どこまでMELANCHOLYメランコリー
ゆめかないふりをしていてくれるよ
まよいをいたあと永遠えいえんべる

やすらかに目覚めざめたら、きみこころかべた
とお未来みらいなみだしてく

ひざまずいたらひくかんじる?
口紅くちべにいたきみ見上みあげる
ヴィオラがひびいたらあとつづうたって
それをおぼえられたらいつだってえる

やすらかにねむれたら、きみこころかべた
とおむかし亡霊消ぼうれいけして
やすらかにわすれたら、きみ傷跡きずあとのこした
とおむかしなみだしてく

なみだを、なみだして
なみだを、なみだして
なみだを、なみだしてく