「例えば…ボクが。」の歌詞 清木場俊介

2004/9/29 リリース
作詞
清木場俊介
作曲
川根来音
文字サイズ
よみがな
hidden
突然降とつぜんふした
かないとおあめ
キミのかた右手みぎていて
すこ雨宿あまやどり…

うご気持きも
あふしそうなおも
キミをおもたび
むねいたくなる…

たとえばもし明日あした
ボクがえてしまったら…

キミはどんなかお毎日まいにち
ごすのだろう…
わすれられること
一番辛いちばんつらい…。

突然泣とつぜんなした
ホホをつたうなみださえも
何故なぜかキレイにえた
あのはなのように…

わすれてる気持きも
いつもキミがおぼえてる
夜明よあけがまえ
二人ふたりねむろうか…

たとえばもし明日あした
キミがえてしまったら…

ボクはどんなかお
キミのことさがすだろう。
わすれることのない
キミへのおもい…

どこまでも二人ふたり
ゆけそうながするよ
ゆめなかでさえも
キミをおもうから…

二人ふたりって
おと部屋へやもぐる…

つたえたい気持きもちは
どんな言葉ことばえよう。
キミへのおもいを
カタチにしたい…

どこまでも二人ふたり
ゆけそうながするよ
ゆめなかでさえも
キミをえがくから…