1. 君さえいれば歌詞

「君さえいれば」の歌詞 清水翔太,小田和正

2012/2/22 リリース
作詞
清水翔太
作曲
清水翔太
文字サイズ
よみがな
hidden
あのころ僕達ぼくたち空見上そらみあげて
どんな未来みらい想像そうぞうしていたんだろう?
こわいものなんて1ひとつもなかった
少年しょうねんしずかに大人おとなになった

ずっと、きみまぶしかったけれど
他愛たわいのない言葉ことば
きみこころおくかなしみをった

きみさえいれば
ただ、それだけで
きてゆけるがする
ぼくつよくなる

ひかりのあたる
夢見ゆめみてた場所ばしょ
かなら辿たどける
きみさえいれば

とおくにえていたはずだったのに
いつのにかひろうみていた
すれちがうだけのひと 大切たいせつひと
はなれていくひと そしてあいするひと

どうして、ぼくらは出会であえたんだろう
きっと、そのこたえは
この旅路たびじわりでっているから

きみさえいれば
ただ、それだけで
きてゆけるがする
ぼくつよくなる

ひかりのあたる
夢見ゆめみてた場所ばしょ
かなら辿たどける
きみさえいれば

これからさきもうぼくげないだろう
もう二度にどと もう二度にどげたりしない

きみさえいれば
ただ、それだけで
きてゆけるがする
ぼくつよくなる

ひかりのあたる
夢見ゆめみてた場所ばしょ
かなら辿たどける
きみさえいれば