1. 君の声歌詞

「君の声」の歌詞 清水翔太

2011/1/26 リリース
作詞
Shota Shimizu
作曲
Shota Shimizu
文字サイズ
よみがな
hidden
見慣みなれた景色けしきさえ どこかちが
これが成長せいちょうあかしなら ぼくはあのかえりたい

大切たいせつ記憶きおくも ぼやけていく
背中越せなかごしはしゃぐきみいかけている

ふゆぎればまた此処ここで、えるよね」と
なみだこぼしたきみぼくはいつ気付きづかずに とおぎたの

さよなら 二人ふたり夕暮ゆうぐれが かがやきすぎた日々ひび
あこがれがそらかえるとき やけにひびうたがある
こえてたはずなのに こえなくなったもの
それはもう二度にどもどらない きみこえだろうか

いたりえたりの 街灯がいとうのよう
うつろうこころなが最後さいごここへとどまるなんて

笑顔えがおでいることを つらくはおもわない
さりげないキスみたいに うまくまわっているだけ

かすれたメロディーのさきなにがあるか
なんとなくっていても うたつづける それだけでいい

さよなら なみだこぼれても ゆめかがやいてる
きみがこのまちかえるとき ぼくはまたちがまち
おもいをせたノート ここにいておくよ
どうせきみつけられない わかっているけれど

ねむりにちるとき いつもかんがえてる
ゆめなかだけでもいたいよ とどくことのないいの
こえてたはずなのに こえなくなったもの
それはもう二度にどもどらない きみというひかり

あたらしい日々ひびのそのなかゆめわすれないで
きみがこのまちかえるとき またさがしによう
ぼく涙拭なみだぬぐう そんなきみこえを…