1. 夏の記憶歌詞

「夏の記憶」の歌詞 スケッチブック~full color'S~ OP 清浦夏実

2007/10/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
とおくのびる青空あおぞら
アスファルトゆれる蜃気楼しんきろう
まぶしい季節きせつのなかで
1人ひとり ちつくしている

もう二度にどもどれない
けぬけたおさな日々ひびには
いまもこのむね いろあせずおぼえてる
きみせてくれたゆめ

いつだってていた
なにもないそら
あたりまえじゃないこと
今気いまきづけたから

あつかぜって
はし気持きもまらずに
あの きみわした約束やくそく
いつもつよのこるから
光射ひかりさみち
ずっとすすんでゆける

いつかなつわりが
ることもづいていたよ
つよがるわたし なみだあとかくして
きみにサヨナラをげた

不器用ぶきよういたみを
つたえられないまま
とおぎる
まちのなかにえてくきみ

ながぼしいかけて
まよときそばにいた
あの きみつけたまぼろし
から両手りょうて にぎりしめ
途切とぎれたひかり
1人ひとりつかめないまま

なつにおいならぶかげ
つなぐ右手離みぎてはなさずに
あの かぜねがった永遠えいえん
きみおもう それだけで
つよくなれたんだ
いまかんじていれる

あつかぜって
はし気持きもまらずに
なつ記憶きおく 1人抱ひとりだきしめて
きみえてゆけるかな
光射ひかりさみち
ずっとすすんでゆこう
そらのむこうがわまで