「銀色の悲しみ」の歌詞 清浦夏実

2010/2/24 リリース
作詞
尾上文
作曲
神田朋樹
文字サイズ
よみがな
hidden
ちかすぎてかなしみがえない
なみだとかてこない、もうない
さよなら、昨日きのうまでのおもが、まだ
あたまうえそら
じっとまってるよ
すごくきれいな宇宙うちゅうかぜ
ぼくらのかげたちが
かれて、えなくなる

ほしよりもとおくまでひと
銀色ぎんいろかなしみをのこして
夢見ゆめみたミライははぐれたきり、ほら
ひとごみ、まぎれながら
すぐにわすれるのさ
いつかおおきな夕焼ゆうやけのした
もう一度いちどえるといい
おなおもなか

きみきたかった言葉ことばなんだったのかっていたけど、
(きみがうなづくから、ぼくもうなづいてしまう)
ぼくにはそれにこたえるちからがなかった
(さよならのまえに)
いつのまにかみんな表情ひょうじょうのないかおわってしまうおもいのなか
(ぼく微笑ほほえむから、きみ微笑ほほえんでしまう)
ぼくわらない大切たいせつかがやきをひとつだけ、
つけられそうながした
(さよならのあとで)

いつかおおきなあいになりたい
きみしあわせを
こころねがえるくらい
えないことはきっと
わかれることじゃないから