「悲システム」の歌詞 清 竜人

2009/3/25 リリース
作詞
Kiyoshi Ryujin
作曲
Kiyoshi Ryujin
文字サイズ
よみがな
hidden
起訴きそ不起訴ふきそかなどはまだまだじょくちのほうで
あらゆるものは最早数もはやかず行方ゆくえめていて
満場一致まんじょういっちなどうまでもなくなくて
それはそれはあさましく結論けつろんゆだねてしまうのさ

1人ひとりでもたくさんなんて 現実的げんじつてきわないで
所詮口しょせんくちだけであっても 全員ぜんいんしあわせをけて
きっと無理むりだとかっても 出来できるかぎりつよがって
そっとやさしさをせて

街並まちなみや季節きせつなどにもはずれがかくれで
てに人生じんせいにもたりはずれがいて
だれもが皆喜みなよろこびをかんじれるように出来できていない
ひとうえ人造ひとつくらずとはうもんだ

1人ひとりでもたくさんなんて 現実的げんじつてきわないで
所詮口しょせんくちだけであっても 全員ぜんいんしあわせをけて
きっと無理むりだとかっても 出来できるかぎりつよがって
そっとやさしさをせて

ひとはそれをひどかなしみながら我慢がまんして
口求ぐちもとめまたそこでひときずつける
わらない われない
世界せかいかなシステムでまわつづける
パンク寸前すんぜんになっていても

こんなにぼくわらっていて こんなにあなたはいている
そんなわだかまりばっかで こんないきどおりばっかで
おなそら使つかっていて おなほし使つかっていて

なんで どうして

存在価値そんざいかちばかりかんがえて 非存在価値ひそんざいかちなどかっていない
表面積ひょうめんせきばかりかんがえて 立体積りったいせきなどろうとしない
世間体せけんていばかりかんがえて 非世間体ひせけんていなどにしていない
もっとやさしさをせて