「キャッチボール」の歌詞 渡辺美里

1996/7/12 リリース
作詞
渡辺美里
作曲
みやもとこうじ
文字サイズ
よみがな
hidden
ふたりはゆめをみた
かなしいくらいに ふたりとても よくゆめをみた
19さいになったはる
吉祥寺きちじょうじの3つ 手前てまええき 部屋へやをみつけた

なつ屋上おくじょうにのぼり ならんでみたどお花火はなび
あなたの 笑顔えがおらしては やみえてく

Oh きしめたい ひとあいした つよさのぶんだけ
つよあいされるとおもっていました
Oh きしめたい きずつくたびに はげまされた
あなたが わたし一番いちばん 宝物たからものです いま

木枯こがらしさむよる 踏切ふみきりおと かぞえながら
二人ふたり きあって ねむった
川原かわらのキャッチボール 素顔すがおわたしと ピリカラ スパゲティー
得意気とくいげに ほめてくれた

バスていったよるまえかがみできました
さからうばかりのわかさが くした

Oh きしめたい どうして あんなに せかされるように
ふたりは 別々べつべつみち えらんだのでしょう
Oh きしめたい あなたを あいした記憶きおくのすべて
こころ距離きょり はなれるごと とおくなります

ふたりは ゆめをみた かなしいくらいに
よくゆめをみた せつないくらいに