1. サマータイム ブルース歌詞

「サマータイム ブルース」の歌詞 渡辺美里

1990/5/12 リリース
作詞
渡辺美里
作曲
渡辺美里
文字サイズ
よみがな
hidden
天気図てんきずくもりのちれの予報よほう 週明しゅうあけの第三京浜だいさんけいひん えらんだ
ながれるくもから まれそうな 青空あおぞら

まぶしい太陽たいよう 標的ひょうてきにして フリスビー とおくに シュルル んでゆく
波打なみうちぎわ くろいぬが ジャンピングキャッチ している

なつうみのうねりのように いまでもきみ おもっているよ
とりのこされたの わたしのほうで きっと自由じゆうになったのは きみね

メリーゴーランド ひかりなか まわってる 砂浜すなはまで ボールあそ子供達こどもたち
おろしたてのあのの スニーカー しろすぎてずかしかった

最後さいごのゴールころんだとき傷跡きずあとはまだ いたみますか
さびしいときすぐにえると そっとわらって わかれたけれど

サマータイム ブルース サマータイム ブルース
つぎなみ やってきたら
サマータイム ブルース もう一度いちど すよ 裸足はだしのままで
サマータイム ブルース 二人ふたり気持きもちはひとつだった

なつうみのうねりのように いまでもきみ おもっているよ
とりのこされたの わたしのほうで きっと自由じゆうになったのは きみね
最後さいごのゴールころんだとき傷跡きずあとはまだ いたみますか

サマータイム ブルース サマータイム ブルース
えない永遠えいえんよりも
サマータイム ブルース すぐそばの きみと今日きょう しんじていた
サマータイム ブルース サマータイム ブルース
なにかをえてゆけたら
サマータイム ブルース このなつ裸足はだしのままで 裸足はだしのままで
たどりつけるはずね サマータイム

サマータイム ブルース サマータイム ブルース
つぎなみ やってきたら
サマータイム ブルース もう一度いちど すよ 裸足はだしのままで
サマータイム ブルース サマータイム ブルース