1. 夏の歌歌詞

「夏の歌」の歌詞 渡辺美里

1997/7/30 リリース
作詞
渡辺美里
作曲
石井妥師
文字サイズ
よみがな
hidden
なつ日本中にほんじゅう
こいうた こえてくる
やすひとはたらひと
おな太陽たいようかがや
ちどおしいのは
夏休なつやす
スコール すぎたあとの
ぬれたかみを むすんで
なぎさければ
すぐそばのあいづくよ
去年きょねんなつ はずした
指輪ゆびわ うみげたら
このなつ 一番いちばんこい
メロディー かなでましょう
きっとなつだから
かないで すなえた
なみだのしずくのあとに
虹色にじいろこいはな
太陽たいようかっている
ドキドキしちゃうよ
夏休なつやす
コンガリと小麦色こむぎいろ
ママにりた
ミニスカートと
クルクルまつ
天使てんし誘惑ゆうわく うたいましょう
あおそらのパラソル
こころかぜいて
ありふれたあい言葉ことばより
あなたがほしい
きっとなつのせいね
しおに このこいがいつか
さらわれないように
おもいきり きしめてね
水着みずぎのあとが えても
だれにもけない
夏休なつやす
だれも ひとりぼっちじゃ
きていけないから
あなたと めぐりあった
今年ことしなつわすれない

なつ日本中にほんじゅう
こいうた こえてくる
ゆすひとはたらひと
おな太陽たいようかがや
ちどおしいのは
夏休なつやす