「悲しいくちづけ」の歌詞 渡辺美里

2004/7/14 リリース
作詞
渡辺美里
作曲
有賀啓雄
文字サイズ
よみがな
hidden
かがやきだす 季節きせつはほら すぐそこまでているよ
真夏まなつゆめ 一夜ひとよゆめ こころがざわめきだす

かぜし ギアをれると
あののきみの言葉ことばめぐすよ

どこかのくにの おみやげにくれた
ターコイズブルーのブレス ふわりれる

ほのかにともる こころのかり
おんな友情ゆうじょう 後回あとまわしにしてもいいかな?

ながれてゆく ながれてゆく 大切たいせつ瞬間ときがずっと
あいしたいの? あいせないの? こころがざわめきだす

夜中よなか電話でんわも とぼけたメールも
返事へんじがこないとやけに になるのに

だれといるの?」とか「だれかいるの?」とか
たが大人おとなだから まないし

『ふわぁー』っとした たのしさのなか
きてゆけるよな がしていた それは無理むりかな?

まわるまわる ひかりなか スカートのすそらして
せつなさとか やさしさとか こころがざわめきだす

あの一瞬いっしゅん かぜまって
くちづけした
わらいで はしりだした ド・オ・シ・ヨ!

今年ことしなつ はじまるなつ 背筋はいきんをピンとばして
仕事しごともする つかれもする それがわたしの毎日まいにち

かがやきだす 季節きせつはほら すぐそこまでているよ
真夏まなつゆめ 一夜ひとよゆめ こころがざわめきだす