「悲しいね」の歌詞 渡辺美里

1987/12/9 リリース
作詞
渡辺美里
作曲
小室哲哉
文字サイズ
よみがな
hidden
くだりの電車でんしゃ 明日あしたまでは
またえない
まつさき そっと
まちがともるよ
やさしくいき
かかるくらい ちかくにいて
せつないほど きみ
とおかんじている
きみがお
みせないように
うしきで
ふるのは何故なぜ
ながれては すぎる風景ふうけい
こたえが あふれだす
おさなころは サンタクロース
っていたよ
こおるようなよる
きみ声待こえまってる
ひとごみのなかまぎれてると
ゆめさえばなしたく
なるのは何故なぜ
つよくてきよらかな生活せいかつ
すこし つかれたよう
一番いちばん勇気ゆうきは いつの
自分じぶんらしく
素直すなおきること
しろゆき なか
おちてくる
君以外きみいがい えなくなる
かなしいね さよならは
いつだって
やさしさをうしなったうみいろ
かなしいね かなしいね
かなしいね あいすること
ためらうなんて

国道沿こくどうぞいの街路樹がいろじゅへと
かぜがゆれる
かじかむのひらに
ふゆちかづいてる
ひとのこころの
あたたかさに
なさけないほど
ふれたいのは何故なぜ
踏切ふみきりおとに わけもなく
なみだが あふれだす
一番いちばん勇気ゆうきは いつの
自分じぶんらしく
素直すなおきること
しろゆき なか
おちてくる
君以外きみいがい えなくなる
かなしいね ひとりきり
いつだって
むじゃきさを
うしなったとおそら
かなしいね かなしいね
かなしいね
あらそうばかりじゃかなしいね

かなしいね さよならは
いつだって
かなしいね ひとりきり
いつだって…