「素顔」の歌詞 渡辺美里

1998/2/21 リリース
作詞
大江千里,渡辺美里
作曲
大江千里
文字サイズ
よみがな
hidden
素顔すがおのまま かぜをうけて
あさもやのまち あるいた
キミのみちと ボクのみち
たどれば そこに
あおそら ひろがる
どうにも ならない
こいがたくさん
まれすぎたこの街角まちかど
ひとだれでも
たった一度いちど
生命いのちをかけて こいをする
出会であってしまった二人ふたり
ほら 今日きょうまで
あるいてきたよ
明日あしたがきっと 今日きょうよりも
かがやくように
ぼくらはいるんだね
いたいから
ここまできた
かなしみに しょげないで
ひかりなか ひびく口笛くちぶえ
このやるせなさ
だれげようか
ただしいよとか
まちがいだとか
とおまわりばかりえらんでる
本当ほんとうだれより
きみ大事だいじ
このむねがはりさけそうで
出会であったことのすべてを
かかえながら
きてゆきたい
キミのひたむきな情熱じょうねつ
おしえてくれた
あたらしい勇気ゆうき

両手りょうてのばして
くもこうの
太陽たいよういまみつけだすよ
ひとだれでも
たった一度いちど
生命いのちをかけて こいをする
出会であってしまった二人ふたり
ほら 今日きょうまで
あるいてきたよ
明日あしたがきっと 今日きょうよりも
かがやくように
ぼくらはいるんだね
出会であったことのすべてを
かかえながら
きてゆきたい
キミのひたむきな情熱じょうねつ
おしえてくれた
あたらしい勇気ゆうき