「遅れてきた夏休み」の歌詞 渡辺美里

1991/5/22 リリース
作詞
渡辺美里
作曲
渡辺美里
文字サイズ
よみがな
hidden
みずされた あの駅前えきまえ
商店街しょうてんがいなつのにおい

花屋はなや店先みせさき アサガオの鉢植はちう
いろとりどりに ならびはじめる

金魚きんぎょすくい 浴衣ゆかたおび 屋台やたい 綿菓子わたがし 夏祭なつまつ
ビルのあいだに あがる花火はなび
いま一人ひとりで みているよ

おくれてきた 二人ふたり夏休なつやす
永遠えいえん一瞬いっしゅん
むしかごのなかの かぶとむし
宝物たからものだったね
おぼえてたら 暑中見舞しょちゅうみまいください

水中すいちゅうメガネを ってもらった
真夜中まよなかのプール しのびこんだね

けずぎらいの ところがにてる
かべに 二人ふたりかげが ゆれてる

監視員かんしいんのバイトしてた きみのクロール 一番いちばん
素足すあしにローファー むぎわら帽子ぼうし
きみがいたなつみじかかった

おくれてきた 二人ふたり夏休なつやす
永遠えいえん一瞬いっしゅん
あれから何度なんど髪型かみがた住所じゅうしょ
えたけど
ぎてく場面ばめんに さよなら えない

おくれてきた 二人ふたり夏休なつやす
永遠えいえん一瞬いっしゅん
むしかごのなかの かぶとむし
宝物たからものだったね
おぼえてたら 暑中見舞しょちゅうみまいください