1. 18才のライブ歌詞

「18才のライブ」の歌詞 渡辺美里

1985/10/2 リリース
作詞
竹花いち子
作曲
亀井登志夫
文字サイズ
よみがな
hidden
いえをだまって あけたことがある
はだかおよぎだした ことがある
電話でんわボックスけとばし
うまくいかないこい途中とちゅうでなげたこともある
ゆびきりだれとも したことがない
ピュアななみだは みせたことがない
ちあわせもわすれて よるるまで
こい予感よかんちょっと きしめたい
大人おとなえても 大人おとなじゃない
子供こどもえても 子供こどもじゃない
あなただけが それにづいてくれた
本気ほんきしかってくれるひと こころのどこかでさがしてた
あなたがいま はじめてづいてくれた
18さいのライブ をそらさないで

きだ」という言葉ことば以外いがい気持きもちつたかたらない
流行はやり辞書じしょ 使つかわず
みんな どうして あいあいあいつたえてるの
おな学校がっこう 卒業そつぎょうしたけど
おな気持きもちで いるわけじゃない
ハイヒールの かかとの たかさのぶんだけ
あの 笑顔えがおなくしていたよ
ひとりにえても ひとりじゃない
ふたりにえても ふたりじゃない
あなただけが それにづいてくれた
ハートのすみっこ かくれてる
きだしそうな気持きもちまで
あなたがいま はじめてづいてくれた
18さいのライブ をそらさないで

大人おとなえても 大人おとなじゃない
子供こどもえても 子供こどもじゃない
あなただけが それにづいてくれた
本気ほんきしかってくれるひと こころのどこかでさがしてた
あなたがいま はじめてづいてくれた
18さいのライブ をそらさないで