1. SHOUT ~ココロの花びら~歌詞

「SHOUT ~ココロの花びら~」の歌詞 渡辺美里

1994/9/7 リリース
作詞
渡辺美里
作曲
みやもとこうじ
文字サイズ
よみがな
hidden
かえりたいけどかえれない 夜空よぞらほしこう
ひとりぼっちで シャウトしてる

よるうみ たてかみつきのしずくびながら
金色きんいろのライオンが およいでる ゆめをみた
人類じんるい歴史れきしくらい さびしい気持きもちけそうで
天使てんしより官能的かんのうてきくちびるかんで をにじませている
ドレスいて退屈たいくつ安全あんぜんピン かざりたて
寝返ねがえりうって 奇妙きみょうまぼろしにうなされて
刹那的せつなてきまなざしは インスタントでチープな サヴォタージュ
反逆はんぎゃく静脈じょうみゃくはりさすことで たされないだろう
しおれたココロのはなびらに 毎日まいにち みずをあげる
都会とかい砂漠さばくまよっても
わたしのぶんまで かせてほしい

なげきのピエロだったり はだか王様おうさまだったり
疎外そがいされてるきみを れそうなつき てらす
ながされるのも運命うんめいさなんて そんな大人おとなになれない
コントロールできない欲望よくぼう げだして きてるわけじゃない
かえりたいけどかえれない 夜空よぞらほしこう
ひとりぼっちで シャウトしてる
本当ほんとうのコトは いつもわからない

どこへこうか きみはきみ ぼくはぼく
からまわりしてる 自由じゆう
世界せかいかって みせつけたい
きしめたい きみのためたたかうよ

しおれたココロのはなびらに 毎日まいにち みずをあげる
都会とかい砂漠さばくまよっても
わたしのぶんまで かせてほしい
かえりたいけどかえれない 夜空よぞらほしこう
ひとりぼっちで シャウトしてる
本当ほんとうのコトは いつもわからない