1. amagumo歌詞

「amagumo」の歌詞 渡辺美里

2004/7/14 リリース
作詞
森山公一
作曲
森山公一
文字サイズ
よみがな
hidden
いくつものあやまちをかえして
ぼくらはすこしずつ ほんのすこしずつ
大人おとなになる

見慣みなれてた街並まちなみも きみ
本当ほんとうすこしずつ ほんのすこしずつ
わっていた

くしたものはなにもないはずなのに
なぜひとは すきまかぜなか 宝探たからさがしにくのだろう

さよならがきみのことをおもえてゆく
二度にどとはもうもどらない
れられないさびしさで ぼくはまたつよくなる?
でもいまは記憶きおくうだけ

ゆめのようなひとときも 手触てざわりも
本当ほんとうすこしずつ ほんのすこしずつ
ぼやけていた

いま未来みらいあずけたはずなのに
なぜひと雨雲あまぐもしたかさたずにくのだろう

さよならがきみのことをおもえてゆく
二度にどとはもうもどらない
れられないさびしさで ぼくはまたつよくなる?
でもいま記憶きおくうだけ

かなしみをこらえたような きみのその口元くちもと
せつなくてじた
れられないさびしさで ぼくはまたつよくなる?
でもいま記憶きおくうだけ