1. 犬の唄歌詞

「犬の唄」の歌詞 湘南乃風

2006/8/30 リリース
作詞
若旦那
作曲
若旦那
文字サイズ
よみがな
hidden
都会とかいなか勇敢ゆうかんきる 野良犬達のらいぬたち夕日ゆうひさけ
怒鳴どなこえ存在示そんざいしめ人間にんげんしろ
隣町となりまち小便しょうべんばらまく とがったやつらとガンくれ
どんなに体切からだきかれても こころだけは図太ずぶとくいてやる
どっかのぞくぞくしてしまえば 人生楽じんせいらくになれるのだが
土砂降どしゃぶりの夕立ゆうだちでも がむしゃらにゴミをあさつづける ただ
ぼっちゃんそだちのブルジョアチワワと 比較ひかくされるぐらいなら
計算高けいさんだか理屈臭りくつくせおれだけど こころこえしたがうさ

Ohオーだれにもけたくねぇから
Ohオー

野良犬達のらいぬたちけっしてれるな よわいなんてだれでもおなじさ
こわいかられんじゃなくて れるからよわくなってるんだ
さからってきてやるデッカく ガキのころからこんな性格せいかく
自分じぶん意志いしきるめる それがいのち洗濯せんたく
したがうぐらいならいさぎよぬんだ おそれるな
しんじるちから一人ひとりになったとき微笑ほほえむさ
いまならプライドとあたまげて まだもどれるが
けどいまはドブみずでもんでしのぐさ 誤解ごかいされたまま

Ohオーけたくねぇから
Ohオーすべてる覚悟かくごはある

孤独こどくにビビっちゃいけないよね 姑息こそく所捨ところすてたい ここで
まよったときにはこころこえ ナチュラルにただなりたいだけ
首輪くびわなんてけたくねぇおれ もどれる場所ばしょなどもとめちゃいねぇ
まえしかけなくなってもいいよね はしつづける荒野こうや

社会しゃかいなか勇敢ゆうかんきる 野良犬達のらいぬたちにエールをおく
怒鳴どなこえ存在示そんざいしめす おまえたくましくえる