1. 雪月花歌詞

「雪月花」の歌詞 湘南乃風

2012/11/28 リリース
作詞
湘南乃風
作曲
湘南乃風
文字サイズ
よみがな
hidden
このあつあいうたにのせ
つたえる嘘偽うそいつわしで
まえがいてくれてはじめて
俺分おれわかったことがあるんだ
ぐにきるってこと
がっつりうってこと
まえもっとおもうよ ずっとずっと

ふゆそら れたある あさから肌寒はだざむ
まえがいるおれとなり 世界せかい温度1℃上おんどいちどあがり
演技えんぎなんてしなくてもいい
テンションだってひくくてもいい
ありのままのおまえ
有難ありがとおれのそばにいてくれるだけで
はなくんだおれ人生じんせい
えないときにはつよがって
ってるときつよいて
くちわるいのがダメなくせ
それをわらうのはおまえだけ
きなのに 近付つかづぎて
隙間すきまつめたいゆきった

かなしみにまるふゆそら
まえのこされたって
おれだけはそばをはなれない
ゆきをもかすこのあい間違まちがいねぇ
もしも明日あした 世界中せかいじゅうてきにまわったとしても
大丈夫だいじょうぶさ おまえといれば

このあつあいうたにのせ
つたえる嘘偽うそいつわしで
まえがいてくれてはじめて
俺分おれわかったことがあるんだ
ぐにきるってこと
がっつりうってこと
まえもっとおもうよ ずっとずっと

真夜中まよなかにしんしん
したゆきこされてめたんだ
Ring Ringときみ こえたがした
可愛かわい寝息ねいきのかわりに点滅てんめつ メール着信ちゃくしん
『おやすみ』『うん…おやすみ』
いつだっておもうのはきみのこと
連絡れんらく時間じかん永遠えいえんかんじる
えなくてもそばにかんじていたい
つたえたいあいはますますもりもっていくから
みじか言葉ことばでもいいよ かせてしいんだ

さみしさにまるふゆそら
まえほしかさねたって
かがやひとつもかすれない
ゆきをもかすこのあい間違まちがいねぇ
もしも明日あした 世界中せかいじゅうてきにまわったとしても
大丈夫だいじょうぶさ おまえがいれば

このあつあいうたにのせ
つたえる嘘偽うそいつわしで
まえがいてくれてはじめて
俺分おれわかったことがあるんだ
ぐにきるってこと
がっつりうってこと
まえもっとおもうよ ずっとずっと

ふゆゆきはなのように
しろかがや雪月花せつげっかよる

しろいためいき ちゅう無数むすうゆき
しあわせそうな街並まちなみあるしたても
孤独こどくにただ一人震ひとりふる見失みうしなった未来みらい行方ゆくえ
そんな日々ひび
あなたと出逢であった これは運命うんめい
だからあなたとごすいまはかけがえないたから
なにがあったっていのちえてもまもるから
こごえるほどのさむよるおしえてくれた
本当ほんとうあい在処ありか明日あした
有難ありがとなみだ足跡あしあと

あいもるこころ とも
ふゆ女神めがみ 今願いまねがかなえてくれ はかなゆめ

まだいしころみたいにひかってねえ
けど気合きあいでみがいてかがやいて
まえ全部ぜんぶあげたくて
おれいまがむしゃらにきてんだ
一生いっしょうかけたダイヤモンド
いてわらってつくるもの
まえもっともそばにいるよ ずっと

このあつあいうたにのせ
つたえる嘘偽うそいつわしで
まえにこの言葉初ことばはじめて
うけど絶対忘ぜったいわすれんな
まえうた うたうってこと
まえ俺一おれひとつってこと
ちかうよ ずっと ずっと ずっと

このあつあいうたにのせ
つたえる嘘偽うそいつわしで
まえがいてくれてはじめて
俺分おれわかったことがあるんだ
ぐにきるってこと
がっつりうってこと
まえもっとおもうよ ずっとずっと

ふゆゆきはなのように
しろかがや雪月花せつげっかよる