「ふたりよがり」の歌詞 瀧川ありさ

2015/3/4 リリース
作詞
瀧川ありさ
作曲
瀧川ありさ
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたをたすけようと、右手みぎてせば
あなたはうつむいたまま、地面じめんらしてた

あなたをうしなおうと、右手みぎてろしたら
あなたは左手ひだりてで、わたしをめた

あなたがれたいものは
わたしじゃあげられない
たが気付きづいている
だけど手放てばなせないのは、なぜ?

ありふれた言葉ことば
あなたでしか意味いみのないこと

ありふれた約束やくそく
ふたりでしかわせないこと

あふなみだ
あなたでしかぬぐえないこと

ふたりよがり、そらにはつき

都会とかいはたくさんの"ふたり"があふれてる
それぞれにこのまちちがかぜうつってる

最終さいしゅうバスにられあなたのまちかってる
だんだんひとりてひとりになってゆめうつつ

あめればふたり屋根やねさがして
れたらにじつけてわらって

ありふれたことでも
あなたでしか意味いみいこと

ありふれた孤独こどく
あなたでしかすくえないこと

ありふれた日常にちじょう
ふたりならば特別とくべつになって

あふなみだ
あなたでしかながせないこと

ふたりよがり、そらにはつき