「天国の記憶」の歌詞 火曜飛

2005/2/23 リリース
作詞
mavie,ウォン・ヒジン
作曲
チェ・ギュソン
文字サイズ
よみがな
hidden
天国てんごく記憶きおくがずっと
こいまよわせてる
のない
おもいがあふれてく
いまはまだ サランヘ
たった一度いちどだけでいい
もいちどわたし
つめてほしい
ふいにそらす そのひとみ
かなしいいろだけうつしてる
あるれた このまち
いそいで
すれちがってくけれど
まるでゆめがさめたように
わたしだけが今残いまのこ
遠回とおまわりばかりで
かえれない真夜中まよなか
キリがないとわらって
くちびるをかさねてたよね
わすれたい わすれられない
きみ笑顔えがおこえ
そばにいるだけで
わたしのことを
つつむようにかがやいていた
天国てんごく記憶きおくいま
むねくるしくさせる
をのばしたら
とどくはずなのに
とおすぎる サランヘ

きしめうたび
きみ肩越かたご
あおひか三日月みかづき
ちていく奇跡きせきてた
はなれたい はなれられない
きみのぬくもり、 つよ
たとえいまだけと
わかっていても
こんなにももとめてしまう
天国てんごく記憶きおくがずっと
こいまよわせてる
のない
おもいがあふれてく
いまはまだ サランヘ