「クジラの歌」の歌詞 熊木杏里

2011/10/5 リリース
作詞
熊木杏里
作曲
熊木杏里
文字サイズ
よみがな
hidden
とおうみなかめられたよう
こえのないこえたしかめって きてる

クジラの歌声うたごえしずかなあいうた
しるべなきみちただよいながら すすんでいる

だれかとあゆむって みんなみんなまようけど
家族かぞくともだち 恋人こいびとがいて
それぞれとおくにってしまったときに ちゃんととどくようにできるかな

よろこびをかちえるなら
きっとなみだささえられるように
そらした かぜながれたら どこにいても
つながっているとかんじてほしいな
そんなクジラのうた

サイレンはどこからこえてくるのだろう?
まぬいたこたえにならない あらそ

しずまないひかりをどこでつけるだろう
地球ちきゅうはカラカラ
えたメロディーをかなでている

めたいのちかえらない場所ばしょ
今日きょう日々ひびというながれはつづいてる

まもりたいひとのそのために
ねがいはかたちえてゆくんだよ
たとえいまそばにいられなくても
にとるようにつたわってゆく
おもいがあるんだよ
そんなクジラのうた