1. ホームグラウンド ~ふるさとへ~歌詞

「ホームグラウンド ~ふるさとへ~」の歌詞 熊木杏里

2011/10/5 リリース
作詞
熊木杏里
作曲
熊木杏里
文字サイズ
よみがな
hidden
だれかにおもいをつたえるには
言葉ことばじゃなくてもいいときがある

どんなときでも つよゆめ
あきらめないで きている その姿すがた

むねのホームは それぞれちがうけど
きっと あるべき場所ばしょかう みな ランナー

きみしか出来できないことが ひろがってゆくちから
そう なかにしてしんじてほしいな
どうやってすすんでいいのか からなくなった そのとき
ほら大切たいせつひとがいる
きみはいつでも ひとりじゃない
このグラウンドがひとつだから

灼熱しゃくねつそらおぼえてる
したように 鼓動こどう高鳴たかなれば

いま 一瞬いっしゅんとき永遠えいえん
わすれられないエールがこえてくる

こえをあげたり おもいきりはしったり
ルールではないきずなこす その奇跡きせき

きみのためにあることが いつだってなか
かえおとずれ めぐっている
最後さいごなんてめないで 何度なんどでもいかけてゆこうよ
くるしさにれないで
にじこうにけるかな
たどりいたら わかるかな

きみしか出来できないことが ひろがってゆくちから
そう なかにしてしんじてほしいな
どうやってすすんでいいのか からなくなった そのとき
ほら大切たいせつひとがいる
きみはいつでも ひとりじゃない
とおはなれているとしても

ここがきみのホームグラウンド