「七月の友だち」の歌詞 熊木杏里

2007/7/25 リリース
作詞
熊木杏里
作曲
熊木杏里
文字サイズ
よみがな
hidden
教室きょうしつくつがはりついて ひじをついたつくえ飛行船ひこうせん
制服せいふくのスカートはいつも 自由じゆう夢見ゆめみてた

わたしんでくれるのは あなただけだった
都会とかいのお嬢様じょうさまたちと すすんだはなしをしてた

あなたがだれとも区別くべつしないから
ついてゆこうとおもった

そう あなたはわたしのあこがれ なつ太陽たいようのように
がしなかった学校がっこうに おろしたてのともだち

卒業そつぎょうゆめかさなって わたしすこつよくなったけど
こころみこんだ日々ひびが あなたをせた

大人おとなには理由りゆうもないけど なりたくなかった
つばさのないふねのように ながされないように

これからおとずれる あたらしい生活せいかつ
わすものをとりにゆく

でも あなたはわたしのあこがれ ときおしえてくれる
かぜにゆれたみじかいスカートも なつみじかさも

面影おもかげ校舎こうしゃそとみちばたにある
そしておも季節きせつなかにある

そう あなたはわたしのあこがれ なつ太陽たいようのように
がしなかった学校がっこうに おろしたてのともだち