「幽霊船に乗って」の歌詞 熊木杏里

2007/2/21 リリース
作詞
熊木杏里
作曲
吉俣良
文字サイズ
よみがな
hidden
電話でんわった 過去かこからった
友達ともだちにさえなれないままの
きだったこえ電話でんわった
もうわすれたとえなくなった

にわかにわたし体温たいおん
あなたの温度おんどになってゆく

さよならをしたわたしだった
さよならをしたはずのこいだった
どうしていまさらいにたの?
記憶きおくそと幽霊船ゆうれいせんって

あなたはもうすぐ 故郷ふるさと
二度にどもどってこないとった
わかれたときおなじだったね
ゆめやぶれてしまったあとで

あのとき あなたがのぞんでた
わたし自由じゆうじゃなかった

いまならきっとかなしいことも
あなたのまえわらってやれるだろう
だけどわたしかなしみを
いまもあなたはらないままなのよ

そこはつめたいところなのね
あなたのこえふるえてる

さよならをしたわたしだった
さよならをしたはずのこいだった
どうしていまさらいにたの?
心残こころのこりの幽霊船ゆうれいせんって