「春の風」の歌詞 熊木杏里

2007/2/21 リリース
作詞
熊木杏里
作曲
吉俣良
文字サイズ
よみがな
hidden
つちにおひろはるはまだあお
きみあつめだすゆめ早足はやあしになる
何年なんねんてきたかたのように
ながながされはしない 時計どけいおと

だれがためにきる 名前なまえもないこころ
きみさからうように とどまりもせず

言葉ことばではとどかないもの きみとどけてくれた
あきらめる理由りゆうひとかたりたがるものだから
ゆめはこにしまいこんだ かぎはきっといまでも
もう一度開いちどあけられるつづけているはずだから

ひときみおもきみひとおも
孤独こどくあいだんでゆく わたどりのよう

いましかないことに みみかたむけよう
おそすぎることはないと むねうまで

ひとりではないとおもえる 場所ばしょつけたときに
わすれていた時間じかんひときてゆけるはずだから
ゆめとひとつになったとき かなえられるものが
どんなかべもつきぬけてゆく 自分じぶんうボールにわる