1. 春隣歌詞

「春隣」の歌詞 熊木杏里

2008/5/21 リリース
作詞
熊木杏里
作曲
熊木杏里
文字サイズ
よみがな
hidden
えなくて またひとつ
さみしさからのかぜいた
かたをのせるような
きみのやさしさに

かさなりわないことが
あたりまえならば

もっとそばにあゆみよっても
ゆめわらないでしょう

きみとぼく ぼくときみ
この地上ちじょうふたたえた

ずっとまえ ずっとまえ
きみとぼくは春隣はるどなり
ふゆわたいてゆく
いつかはなとなる

ちがうみちをゆくけれど
おな気持きもちだから
ずっとそばにかんじられると
きみはいつかってたね

ぼくのみぎ きみひだり
ふたりにかえれるがくる

はなれても はなれても
きみとぼくは春隣はるどなり
それぞれのままにいて
ひとつはなになる

いつまでも いつまでも
きみにはぼくが春隣はるどなり
ながれてゆく月日つきひさえ
いとしいとおもえる

ずっとまえ ずっとまえ
きみとぼくは春隣はるどなり
わらいてともにゆく
いつかはなとなる