「時計(re-birth version)」の歌詞 熊木杏里

2008/5/21 リリース
作詞
熊木杏里
作曲
熊木杏里
文字サイズ
よみがな
hidden
ある日君ひきみがくれた時計とけい
うすいほこりかぶって
とききざめないってつぶやいた
れることもない

いつも未来見みらいみてた時計とけい
あい目盛めもりはかって
にはえないけれどわかっていた
おもになることを

十八じゅうはち誕生日たんじょうび 時計とけい心臓しんぞうをもち
二人ふたりきざ時間じかんまれた

そこにあいはあったのかな?
四六時中しろくじちゅう そばにいたのに
そこにあいはあったのかな?
いまこうして ひとりじゃ 時計とけいうごかない

今夜君こんやきみがくれたおも
すべてつきかえそう
こんなにつめられたら きっと
ねむれなくなるから

十九じゅうく誕生日たんじょうび 時計とけいいのちをなくし
二度目にどめのおめでとう むかえるはなかった

ここにあいはあったのかな?
四六時中しろくじちゅう そばにいたのに
ここにあいはあったのかな?
いまこうして きみのいない時間じかんきても

ここにあいはもうないよ
実際じっさいのところ 本当ほんとうはわからない
ここにあいはあったのかな?
そんなふうにおもいながら
時計とけいおくへしまう