1. 桜見る季節歌詞

「桜見る季節」の歌詞 熊木杏里

2009/11/6 リリース
作詞
熊木杏里
作曲
熊木杏里
文字サイズ
よみがな
hidden
たくさんのひとの たくさんのゆめ
ざり希望きぼうわる
かぜによぎった あなたのこえ
わたしいま められた

いくつもの日々ひびが それぞれにいま
旅立たびだちのうたうたってる
えるのは自分じぶんなんだって
あなたはそう けだしてゆく

さくらしたをゆく はる足音あしおとには
明日あすかうひとかおりがして
いてしまったって あるすんだって
わたしにささやくよ

さくらいろ薄紅色うすべにいろとき
未来みらいひらいてはなになって
わらないんだって でもわるんだって
季節きせつをあなたはくれたひと

なくしたものと にするものは
いつもおなじではないんだろう
めるたび しになる
今日きょういま はじまりした

きずつきながら あなたはわら
だからわたしつよくなろう
そのさきにある自分じぶんかお
しあわせにしてあげればいいんだ

さくらるたびに ひとつ大人おとなになる
きることは上手じょうずじゃないけど
せめてなやんだって せめてやまずに
のひらにつかむよ

ありがとうにせた あなたへの気持きもちは
自分じぶんへのメッセージになって
やさしくなったって よわさじゃないんだって
季節きせつ意味いみをくれたから