「遠笛」の歌詞 熊木杏里

2007/2/21 リリース
作詞
熊木杏里
作曲
吉俣良
文字サイズ
よみがな
hidden
れるおかうえ
いのち息吹いぶ
あたたかい

とおくできてるあなたのそばで
ありふれたあさになりたい

夕映ゆうばえをあきらめて
列車れっしゃるのよ
ちいさくなるあなたが わたしおおきくなる

もうすこしだけ
そばにいて
むね片隅かたすみでいい
あざやかにわらって
このまちえるまでは ひとりじゃない

みちゆくメロディー
かぜんでる
季節きせつなか

しあわせがどんなかたちでもいいと
つぶやいてそら

約束やくそくまもって
いそいでいても
心変こころがわりとかけたら それさええて

わたしんで
一緒いっしょにいようって
目覚めざめたらはじまるように
まぶしい朝日あさひゆめ無限むげん
つづがするから

もうすこしだけ
そばにいて
きてみたいだけ そう
さびしいホームも
りの部屋へやもひとりでいたくないよ
ねぇ ずっとってるよ