「Runner」の歌詞 爆風スランプ

1988/10/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あめけた
ロッカールームで
きみはすこし うつむいて
もうもどれは しないだろう
といったね
ひとみなか かぜ宿やどした
かなしいほど 誠実せいじつ
きみなにを いえば
よかったのだろう
かげりのない少年しょうねん
季節きせつはすぎさってく
かぜはいつもつよいてる
はしはしおれたち
ながれるあせもそのままに
いつかたどり いたら
きみにうちあけられるだろう
グラウンドに しのんで
芝生しばふうえ 寝転ねころんで
ほしかずを かぞえてねむった
あのころ
かかえきれぬ おもいをむね
きみは かるく ほほえんで
ふりかえらず
この部屋へやくのか
かざりのない 少年しょうねん
こころかれて
ゆめはいつも とおくみえてた
はしはしおれたち
ながれるあせもそのままに
いつかたどり いたら
きみに うちあけられるだろ
たとえいまちいさく
よわ太陽たいようだとしても
言葉ことばもない おれたち
ひどくあつかった夕立ゆうだ

かげりのない少年しょうねん
季節きせつはすぎさってく
かぜはいつもつよいてる
はしはしおれたち
ながれるあせもそのままに
いつかたどり いたら
きみに うちあけられるだろ
たとえいまちいさく
よわ太陽たいようだとしても
言葉ことばもない おれたち
ひどくあつかった夕立ゆうだ
はしはしおれたち
ながれるあせもそのままに
いつかたどり いたら
きみに うちあけられるだろ
たとえいまちいさく
よわ太陽たいようだとしても
言葉ことばもない おれたち
ひどくあつかった夕立ゆうだ