1. 夏の夜歌詞

「夏の夜」の歌詞 片平里菜

2013/8/7 リリース
作詞
片平里菜
作曲
片平里菜
文字サイズ
よみがな
hidden
good night今日きょうはもうよう
だけどすこかんがえた
いま自分じぶんにはなにがあるんだろう
勇気ゆうきがないよ

ひとりではきれないことを りながらも
何度なんど裏切うらぎった

なつよる ひとり ギターをいてた
だれらない自分じぶんがいた
本当ほんとうこえのどとおらずに
おともなくさけびつづけた

ねむれない、結局けっきょく
布団ふとんをはいでまどけた
とおくにあるほどにしたくなる 夜空よぞらほしとか

このまちきてきたことを おもいながらも もうかなくちゃ

なつよる ひとり 夜風よかぜをあびてた
だれらない自分じぶんがいた
本当ほんとうなみだのどつたって
こころまでいたみがみた

もしもいつかこのこえ
なくなってしまうとかおもうだけで
つたえたいことがたくさんあるってことに
やっと気付きづくんだ

なつよる ひとりギターをいてた
だれらない自分じぶんがいた
本当ほんとう自分じぶんよわくてずるくて くやしかった…

だれらない自分じぶんがいた
本当ほんとうなみだのどつたってこころまでいたみがみた

いますぐきみつたえたい