「女の子は泣かない」の歌詞 片平里菜

2014/1/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
たしかにったよね
きってったよね
わたしのとなりに
うでをまわしたよね

心細こころぼそいよ
携帯気けいたいきにしちゃうよ
きだってみとめていいの?

わるいウワサもいてたけど
あぶないものにれてみたくて

最初さいしょからわかってた
きずつくこいだって
ようのない電話でんわ あまいキス とりこになってしまえば
気付きづいたころには ただのおもちゃみたい
だれも あなた あなたみたいなやつのために
おんなかない

メイクはそのままで
ベットにあさちゃって
目覚めざましがかすの
ちょっとって!

大事だいじなレポートも
やっぱわなくて
わたしにカミナリはちる

えないはじまりにためいき
つくわらいもながくはつづかなくて

れないことに
われる毎日まいにち
気持きもちがからまわるばかり
かたとしてかえるの
こんなときには あのわらいたいなぁ
いまは わたし わたしつよくなるために
おんなかない

わるいウワサもいてたけど
あぶないものにれてみたくて

最初さいしょからわかってた
きずつくこいだって
ようのない電話でんわ あまいキス とりこになってしまえば
気付きづいたころには ただのおもちゃみたい
だから わたし わたし 今日きょう自分じぶんらしく
いていたいの

れない日々ひびこいわりだって
そんなこともあったなんて
わらえるがくるのかな?
余裕よゆうあさには上出来じょうできなメイクに
笑顔えがおはじめよう
かがやきたいの
おんなかない

おんなかない