「春待ち風」の歌詞 牧野由依

2011/7/6 リリース
作詞
tetsuhiko
作曲
tetsuhiko
文字サイズ
よみがな
hidden
ながなが季節きせつわりをげて ひらり
春待はるまかぜ いたら 二人ふたりあるきだす

おおげさにったら 歴史れきしみたいかな
二人ふたり景色けしきだけが いまのわたしつくってきたよ

うまくえないけど まえよりもすこ
自分じぶんのことがきだよ だからめられるよ

しゃべるくせ メールの絵文字えもじ てきたんだね
でも今度逢こんどあったときはあたらしいわたし

笑顔えがおのまま るから あなたはわすれないで
まぶしかったわたしを むねおく じこめて

ながなが季節きせつわりをげて ひらり
春待はるまかぜ いたら 二人ふたりあるきだす

いつもなら時間通じかんどおりにはなくて
たされたバスが今日きょうは{扉開あ}け
もうとびらまってる

もしもひとが「サヨナラ」ですべての記憶きおく
してしまう事出来ことできても おぼえてたいの

興味きょうみのないことでも 夢中むちゅうにしてくれたね
そんな魔法まほうをかけてくれて うれしかった

ながなが季節きせつわりをげて ひらり
春待はるまかぜ いたら 二人ふたりあるきだす

笑顔えがおのまま るから あなたはわすれないで
まぶしかったわたしを むねおく じこめて

ながなが季節きせつわればまたはじまる
春待はるまかぜ いたら それぞれのストーリー