1. 少女地獄歌詞

「少女地獄」の歌詞 犬神サーカス団

2007/11/7 リリース
作詞
犬神明
作曲
犬神明
文字サイズ
よみがな
hidden
今夜こんやもおかあさんがわたしくびめにやってくる
おそろしさのあまりわたしねむったふりをしていると
かあさんのしろくてつめたい憎悪ぞうお
あたしくびきついてくる
そして ゆっくりゆっくりとあたし呼吸こきゅうめようとする
意識いしきとおのいていくなか
「このままんでもいい」とかすかにおもった

アスファルトにたたきつけたまみれの身体からだ

きっとおかあさんは「あのこと」をっているんだわ
「あのこと」とは、そう
わたしがおとうさんと三年前さんねんまえからあいしあっていることよ
でもおかあさん、わたしちね
なぜならわたしはすでにおとうさんの子供こどもごもっているからよ

アスファルトにたたきつけたまみれの身体からだ