「最初の扉」の歌詞 犬神サーカス団

2004/4/14 リリース
作詞
犬神明
作曲
犬神明
文字サイズ
よみがな
hidden
(セリフ)
おやおや
みんな他人たにん不幸ふこう
そんなにきなの?
幸福こうふく人生じんせい
どれも似通にかよってるけど
不幸ふこう人生じんせいって
様々さまざまよねぇ (笑)
じゃあ 今日きょう
あるおんな不幸ふこう人生じんせい
せてあげるわ
さあ このとびらこうを
のぞいてごらんなさいな

人生じんせい一度いちどきり
「やさしくて真面目まじめ
あのひと
婚約中こんやくちゅうの アタシを」
無理矢理むりやりうばった
にくいやつ
駆落かけおちしたの
若気わかげのいたり」
「ところが アンタは
(ろくでなし)
仕事しごとも つかずに
(ごくつぶし) 」
競馬けいばにパチンコ
キャバクラがよい」
「ああ あのとき
もどれるなら
ああ もう一度いちど
やりなおしたい」
「ああ べつなみち
えらんでたら
もっと
しあわせだったろうに…」

(セリフ)
うふふ (笑)
あの真面目まじめ婚約者こんやくしゃ
一緒いっしょになってれば
こんな人生じんせいじゃ
かったはず?
本当ほんとうに そうおもう?
だったらおしえてあげるわ
アンタの
婚約者こんやくしゃだったひとねえ
じつは…
結婚詐欺けっこんさぎ
常習犯じょうしゅうはんだったのよ
しかも
ヅラってってた?
あはははは (笑)
「ああ あのとき
もどれるなら
ああ もう一度いちど
やりなおしたい」
「ああ べつなみち
えらんでたら
もっと
しあわせだったろうに…」
「ああ あのとき
もどれるなら
ああ もう一度いちど
やりなおしたい」
「ああ べつなみち
えらんでたら
もっと
しあわせだったろうに…」