「餓鬼」の歌詞 犬神サーカス団

2007/12/5 リリース
作詞
犬神明
作曲
犬神明
文字サイズ
よみがな
hidden
みるみるうちにあたし身体からだくさっていった
化膿かのうした傷口きずぐちには何匹なんびきものうじがわき
肋骨ろっこつさったはいいまでもヒュウヒュウとかなしいおとをたてている
車内しゃないにたれながされたさまざまな体液たいえきはえぐられた内臓ないぞうとともに
おぞましいいろどりをびている
それはトマトを煮詰につめたイタリア料理りょうりのようでもあり
生臭なまぐさかおりはまるで魚市場うおいちばのようでもあった
このままあたしんでいくのだろうか
きのびるためには死体したいにくべなければ
あたしはついにえたおにになりて まだ生気せいきのこ人肉じんにくむさぼりついた
えたにおいにむせながら すじばった生肉なまにくをガリガリとあたしべたのよ

いつもとわらぬあさをむかえ いつもとわらぬ満員電車まんいんでんしゃった
いつもとわらぬ車両しゃりょうなかでは
いつもとわらぬ顔同士かおどうし他人たにんのフリをしている
いつもとわらぬ停車駅ていしゃえきでは いつもとわらぬ乗客じょうきゃくりこみ
いつもとわらぬ新聞しんぶんひろげては
いつもとわらぬおな記事きじんでいる
しかし いつもとわらぬはずの列車れっしゃ
いつもとはちがうスピードでばし
いつもとわらぬはずの冷静れいせい運転手うんてんしゅはすでに発狂はっきょうしていた
時速120kmじそくひゃくにじゅっキロメートルのスピードで列車れっしゃ線路せんろみはずし
はげしく横転おうてんしながら何本なんぼんもの電柱でんちゅうをなぎたおした
おびただしいかず乗客じょうきゃくはっした悲鳴ひめいはげしく天国てんごくへのとびらをノックした

よ!前代未聞ぜんだいみもん惨劇さんげきを!!

粉々こなごなくだったまどガラスの破片はへん乗客じょうきゃく身体からださって
生暖なまあたたかいエナジーがドクドクとしている
はげしい衝撃しょうげき中年男ちゅうねんおとこ目玉めだま
おどろいたような表情ひょうじょうあたしなにかをおうとしている
おもわずそむければそこには千切ちぎれた無数むすう手足てあし
まるでもののようにあやしくうごめいていた

サラリーマンの口元くちもとからは 朝食ちょうしょくおもわれるコーヒーとハムエッグと
胃液いえきのミックスジュースがこぼれ
OLオーエル足元あしもとからは あまりのショックによる失禁しっきん
生理中せいりちゅうでブレンドされたオレンジジュースがこぼれている
くらみそうなそのうつくしい光景こうけい
マルセル・デュシャンの芸術論げいじゅつろんかるえてしまった
なぜなら『ローズ・セラヴィ』も『フレッシュ・ヴィドー』も
『アンフラマンス』もすでにかたりつくされているではないか!