1. コンビニ歌詞

「コンビニ」の歌詞 猿岩石

1997/5/8 リリース
作詞
高井良斉
作曲
兼元一也
文字サイズ
よみがな
hidden
ちかくのコンビニで
真夜中過まよなかすぎに出逢であった
あらがみきみ
ぼくこいしたのさ
名前なまえさえらない
一目惚ひとめぼれなどしちゃって
あのから ぼく
Everyday かよってるよ
雑誌ざっし みしながら
るのをったけど
今夜こんや1人ひとり にくまんを
べながら かえるよ
そういうこい
いいって
なぜか おもうのさ
いとしい気持きもちが きみ
とどかなくたって
バーコードのおと
レジからこえるたびに
ぼく振返ふりかえって
せつなくなるんだ
必要ひつようないコピーを
何枚なんまいったりして
コンビニのなか
偶然ぐうぜんってたぼく
そして ひとつきたったころ
突然とつぜん あらわれた
きみ彼氏かれしにくまんを
べながら かえった
そういうこい
いいって
マジで おもうのさ
見送みおく夜風よかぜぼく
やさしすぎるよね
そういうこい
いいって
なぜか おもうのさ
いとしい気持きもちが きみ
とどかなくたって

そういう
こいもいいって…
そういう
こいもいいって…
そういう
こいもいいって…
そういう
こいもいいって…