「初恋」の歌詞 猿岩石

1998/6/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
左腕ひだりうでのもっと
ひだりえた
きみ横顔よこがおさわりたいな
つぎかどがらずにこう
遠回とおまわりもとお
このままはしってかえれば
あと3分さんぷん
ちょっと
くつひもでもほどけてみて
あと1分間いっぷんかん ゆめつづ
とおくまでかけたね
うみていたよね
ぼくらのこのあつなつ
きっと初恋はつこいって
いうんだね
れたらあかくなる
あの太陽たいようみたいにさ
もっとかがやいて
二人ふたりつけよう
なみだわらいも全部ぜんぶ
ときうみ今日きょうおぼれても
けっしてぼく
はなさないよ
ひとおおくても
あおくても
きみのいるうみきだよ

海岸通かいがんどおりのベンチの
あの3分さんぷん
あのとき 水平線すいへいせんから
まれる ちいさな
夕暮ゆうぐれをっていた
かすかにとおくに
えてくくも
最後さいごまでていたよね
ぼくいま あさねむりのなか
ほしえる
瞬間しゅんかんている
キスをしたらあまくなる
タバコのにおいやかな?
きみ呼吸こきゅうのリズム
とおくまでかけたね
うみていたよね
ぼくらのこのあつなつ
きっと初恋はつこいって
いうんだね
れたらあかくなる
あの太陽たいようみたいにさ
もっともっとちかづいて
二人ふたりでつなげよう
こころからだ全部ぜんぶ
またなつたら
はしそう
あのゆめのつづきへ…